レンタル収納スペース

レンタル収納を利用して豊かな生活を

次々と新しい製品が現れ、生活が豊かになっていく中、日々日用品は増えていきます。
季節物の衣類や家電製品、使わなくなったのに捨てるには惜しい家具、趣味の書籍、スキー板、ゴルフバッグなど、普段の生活ではあまり出番の無いものや年に一回しか出さないひな祭りグッズなど。
こんな状況を解決する手段として、トランクルームやレンタル収納スペースなどのサービスがあります。
このようにレンタルした収納スペースに自宅の荷物を預けることのできるるサービスを「セルフストレージ」といいます。
実際に収納されている物の内訳としては、もっとも多いのが衣類、次に多いのが家具、そして趣味のグッズが続きます。
レンタル収納を上手に利用して、住むスペースはシンプルに広く使う。
こういったライフスタイルが注目されるようになってきました。

 

また、家庭だけでなく、事務所等でも、ペーパーレス化が進んでいる昨今も依然として書類が増え続けており、使っていないデスクやキャビネットが高価な賃料を払っているオフィスの一部を占拠してしまっている場合もあります。
このような場合にもセルフストレージは心強い味方になります。

レンタル収納の種類

大きく分けると、レンタル収納としては、トランクルームとレンタル収納スペースがあります。
トランクルームは、倉庫業者によって運営され、物品の寄託契約を結んで運営者が保管責任を負うもので、レンタル収納スペースは不動産業者によって運営され、場所を貸す賃貸契約を結ぶもので、保管物の管理は利用者の自己責任になります。
24時間いつでも出し入れ可能なレンタル収納スペースは、セキュリティや換気・空調設備等の充実もあって個人の利用が増えています。
長く使い続ける利用者が多いため、ずっと満室状態の所も少なくありません。

レンタル収納のチェックポイント

初期費用はいくら必要?
月々の料金とは別に保証金・手数料等の初期費用がかかる場合があります。
それなりの出費になるので、しっかりとチェックしておきたいところですね。

 

保険・補償は大丈夫?
残念ながら盗難や火災などが発生することがないとはいえません。
そんな万一の場合、保険・補償がしっかりしているかどうかは重要です。

 

セキュリティ体制は大丈夫?
レンタル収納スペースでは、自己責任保管が原則なので、セキュリティーがしっかりとしたところを選びたいものですね。
各収納スペースの施錠は当然ですが、防犯カメラの設置、入退室管理も行っているのが理想です。

 

換気・空調設備は完備されてる?
梅雨・夏時はレンタル収納も苛酷な状況にさらされます。
湿気に弱い物、熱に弱いものなどを収納する場合には、換気・除湿・空調など必要な設備があることを確認しておきましょう。

 

荷物の搬入に問題はない?
搬入に便利か、何か問題がないかどうかチェックしておきましょう。
特に重い物や大量の物などを収納する予定が有る場合、見過ごすと深刻な問題になる可能性があります。
車などを近い場所に停めることができない、そもそも駐車する場所が無い、有料パーキングを利用する必要があるなど、いろいろなケースが考えられます。

【ハローストレージ】
お片づけの強~い味方!レンタル収納スペースのハローストレージ!

都市圏を中心として全国に600物件以上の展開!
室内を大小のスペースに区画して、各種サイズの収納空間をリーズナブルにレンタルしています。
ALSOK/セコムでの24時間警備、場内灯設置、24時間利用OK。
【キュラーズ】
最新型トランクルーム・貸し倉庫のキュラーズ!

東京、大阪をはじめ、全国主要都市に店舗展開!
ビル一棟をまるごとトランクルームとして運営する形式です。
高いセキュリティレベルと良好な空調環境、清潔な収納空間を提供しています。
収納コンシェルジュが常駐し、収納に関する幅広いサービスを提供しています。